読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身辺雑記

ギックリ腰への対処法

昨日、久しぶりにギックリ腰になったところ、下記のような大変有り難い教えを友人から頂き、実行したら本日はウソのように治った。大変公益性の高い話でもあるので、以下、記し留めておく。 --- ビニール袋に氷をたっぷり入れて腰に直接当ててアイシング…

J-WAVE/JAM THE WORLD出演補遺「多文化主義とはなにか?」

2015年1月7日、J-WAVEの「JAM THE WORLD」 という番組の Breakthrough というコーナーに出演して来ました。お題は「欧米の多文化主義とはなにか?」。パーソナリティは萱野稔人さん(津田塾大・哲学)。時間は20:55~21:20くらいの、だいたい20分強くらい。…

ぶっ殺したい鳥

極めて不穏当なタイトルで申し訳ないが、以下。 以前もtwitterの方で書いたことがあるのだが、自宅で朝寝ていると、外から凄まじい大音量で「ギャーーーギャーーーギャーーー」と鳴く鳥の声が聞こえてくる。「ギョィェーーーーーー! ギュィッ!ギュィッ!ギ…

大学院ガイダンスでの挨拶

以下、大学院主任としての初仕事。 2015年4月1日。備忘のため掲載しておく。 ○ まずはご入学・ご進学おめでとうございます。○ 私も17年ほど前に大学院に「入院」しましたが、この世界は「退院」というものはないので、病気が重くなるほど、助教・准教授・教…

都立大・首都大政治学総合演習60周年

2015年2月28日、都立大学時代から続く法学部/法学系の政治学総合演習が今年をもって60周年を迎えたのを記念し、同僚の山田高敬先生による記念講演と懇親会が催された。 山田講演は、「国際レジーム後の世界~プライベート・ガバナンスと政府間組織によるオ…

大分書店今昔

私は生まれも育ちも大分県別府市なのだが、中学から高校まで隣の大分市にある岩田学園というところに通っていたため、都合6年間は、大分駅近辺をウロウロしていた。 過日、所用あって帰省した際、久しぶりに電車に乗って別府湾沿いを走る日豊本線で大分駅ま…

「スコッチ親善大使」回想記

たった今、否決が確実になったが、スコットランド独立投票のニュースに接し、久々に昔行ったスコットランドのことを色々と思い出したので、以下、記し留めておく。当時の記録の類がすぐ手に届くところにないので、色々と記憶違いもあるかもしれないが、備忘…

東京から2時間のブラジル?:群馬県大泉町訪問記

先日、ゼミの小旅行で群馬県邑楽(おうら)郡・大泉町に行って来た。この地名を聞いてピンと来る人は、あまり居ないだろうが、大泉町は(日系)ブラジル人をはじめとする外国人居住比率が日本一の町であり、「東京から2時間、片道1000円で行けるブラジル」…

謹賀新年2014

新しき/背広など着て/旅をせん/しかく今年も/思い過ぎたる 何となく/今年は良い事/あるごとし/元日の朝/晴れて風なし 上記、いずれも啄木の歌であり、毎年、歳晩になると最初の歌にあるよう、何ごとかをやり残した感を抱えつつ年を越えてしまうので…

いわし雲 人に告ぐべき ことならず (楸邨)

写真は、過日、新宿の追分だんご本舗の店先で撮影したものだが、酷暑もひと段落し、本日などは空模様も秋めいてきていた。このような空を見るたびに、年年歳歳相も変わらず表題の難解派・楸邨の歌を思い出す。この歌は、中高の現代国語の教科書か何かに出て…

ベルギー/バウツとファック・バー

このブログは、私自身の記憶の外部化も一つの大きな目的なので、以下、メモ。 いつも名前を忘れてしまうベルギーで知った画家の名前は「Dirk Bouts」。Wikiでは「ディルク・ボウツ」と表記されていたが、ブリュッセルのベルギー王立美術館で観た帰りに美術書…

ラグマン/タシケント異聞

過日、『孤独のグルメ』に「ラグマン」が登場しているのを観て、懐かしくなったので自分でつくってみた。後述のように、昔、ウズベク出張の際に食べたのだった。ただ、麺から打つのは酷暑の中、余りにも辛いので、代わりに素麺を使い、コリアンダーをよく効…

ふなっしー、或いは暗黒生命の輝き

※ 以下のエントリーは、8/7、0:00~0:10のみの限定公開で、すぐに削除します。 ※ 気が変わったので、しばらく、ひっそりと置いておきます。 ※ 開き直って晒すことにしました。 狂ったようにそこらじゅうを飛び跳ね、間断なく奇声を発しながら、「ヒャッハー…

日本の夏、競輪の夏

過日、ゼミの有志と連れだって、京王閣で開催されているナイター競輪を観戦しに行った。京王線でウチの大学に通う学生の中には、京王多摩川駅の横に聳えるあの巨大な建物は何だろう?と思っている人も少なからず居るのではないかと思うが、由緒正しい競輪場…

夏の風物詩/祇園山笠中洲流の扇子

今年も7月上旬に博多祇園山笠が開催されたが、今日、郵便ボックスを見てみたら、中洲の馴染みの飲み屋さんから、今年の山笠の中洲流の扇子が送って来ていた。博多は中洲を愛する私としては、もっとも嬉しい季節の風物である。 ここ数年、この扇子を愛用して…

就活と大学生活

最近、ゼミ生もちらほら面接に行ったとかいう話を耳にするようになったので、私にしては珍しく、就活の話を。私が学生だった頃は、リクナビとかも無く、応募ハガキが一杯ついた冊子とかが段ボール送られて来てた時代で、卒業の時、山一証券が潰れたりしてた…